SINGシングを見てからゴールデンスランバーが頭から離れない!

「シング」を見てから、ゴールデン・スランバーが頭の中でずっと流れてる。

この記事を書いている最中もずっと。エンドレスで。

シングのオープニング(羊のマダムが歌う所)から始まり
作中の節目の曲として流れる「ゴールデン・スランバー。」

そしてSINGの核となる曲。この「ジェニファー・ハドソン」バージョンを聞いてから

「なんでこの曲なんだろう?」とか
「ゴールデン・スランバーってこんないい曲だっけ?」

とか気になってしょうがない。

と言う事で、ゴールデン・スランバーについて少し調べてみた。

ゴールデン・スランバーとは?

ビートルズが出した、最後のアルバム「アビーロード」に入っている曲(最後はレット・イット・ビーだっけかな)でポールが作った曲。

このジャケットはとっても有名だ。

ゴールデン・スランバーを和訳すると「素晴らしい眠り」

う~ん、どうもピンとこない!!

歌詞も正直何が言いたいのか、よくわからない。

というか、難しい!

ビートルズは大好きだから、よく聞いたけど、この曲は

「THE・END」までの一部としてなんとなく聞いていた曲だ。

それが、こんなに名曲だったなんて・・・。SINGを見て改めて思った。

この曲、聞けば聞くほど、旋律がたまらない。

カバーで改めて良さを知るビートルズ

ビートルズはそういう曲が多い。

なんとなく聞き流していた曲も、誰かがカバーしているのを聞いて感動する。


Cilla BlacK(シラ・ブラック)のfor no oneもまさにそう。

そして、原曲を改めて聞いて、その曲のすばらしさにまた感動する。

ビートルズは本当に奥が深い。

何回聞いても、その時その時で新しいものを感じるんだ。

イルミネーション作品の選曲が秀逸すぎる

ということで

僕はまだミニオンズしか見た事なくて「イルミネーション作品」
って言葉を知ったのも、最近なんだけど、

シングのゴールデンスランバーを始めミニオンズも選曲がめちゃくちゃいい!と感じた。

そして、ミニオンズにもビートルズのオマージュがあるんですね!(エレキギターを壊したりも!これはザ・フーかな)

アビーロードのジャケットのシーンとか、エンドロールもビートルズ!ビートルズ!レボリューションをミニオンズが歌っていますね(笑)

そして、今回のSINGのゴールデン・スランバー!

まだ見た事はないですが、調べるとペットやグルーなんかもかなり名曲が使われているみたいです。

そんな「音楽が最高!なイルミネーション作品!」60年代や70年代のロックもバリバリかかる。ビートルズ好きは絶対見るべきですね。

すでに続編が決定しているSING!それまでにイルミネーション作品を見ておくのもいいか

あとがきのようなもの

すでに続編が決定しているSING!選曲もめっちゃ気になりますね。それまでにイルミネーション作品を見ておくのもいいかも。

お子様向けのCGアニメだからと、あなどってはいけないと思いましたね。

そういう意味では、60年代や70年代の名曲がたくさん使われる「イルミネーション作品」はロック好きにこそ見てもらい作品だと思います!

今回のシングでみんな(とくにおっさん達)がもっと知ってくれたら嬉しいなぁ。

そしたらSING/シング2では映画館が音楽好きのおっさんだらけになるかも!しれませんね(笑)

それでは、最後までありがとうございました!

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)