「キャプテン・マーベル」エンドロール(エンディング曲)の曲は?

こんにちは。

まずはじめに、「ありがとう」と言いたい。

出だしのオ―プニング!この演出は、マーベルファンならグッときてしまう。スタンありがとう!

そして、、、音楽。こちらも最高。90年代全開でしたね。名曲、名曲、そして名曲。ロック、グランジ、ニルバーナ。

現在、サントラはスコア版のみですが、歌ものも是非出してほしいものです。

ということで、今回は、とにかく名曲が多かったので、エンドソングだけでなく、劇中の挿入歌も(ついでにおすすめアルバムも)あわせて紹介していきたいと思います!

ではどうぞ!

曲名 Celebrity Skin バンド名 Hole(ホール)

エンドソングがこちら。せっかくなのでライブバージョンで。歌っているのは、アメリカ西海岸のロックバンド、ホール。

ギターボーカルは、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻でもあるコートニー・ラブ。

ギターリフがかっこいい。

※画像クリックamazonに飛びます

エンドクレジット・スコア 作曲者 Pinar Toprak(パイナートプラク)

挿入歌が名曲ばかりの為、どうしてもスコア版の存在が薄くなりがちですが、、、

こちらも素晴らしいです。オーケストラと電子音の組み合わせが秀逸。映画のシーンが浮かんできますね。

こちらは「挿入歌」は含まれていません。

※画像クリックでアマゾンに飛びます

劇中の挿入歌

劇中で流れた曲を紹介していきます。

曲名 Come As You Are 歌手名Nirvana

中盤のキャプテンマーベルが拘束を解くシーン。こちらはアンプラグドバージョンで。

もう説明はいらないかもですが、、、。、

ギターを弾いて歌っているのが、先ほど紹介したコートニーの夫、「カート・コバーン」です。

魂を燃やして歌っています。まずは、ニルヴァーナの楽曲はすべて聞くべし!そこからのフィーファイターズも。

まずは、ネバーマインドからどうぞ!

曲名 Just A Girl 歌手名 No Doubt(ノー・ダウト)

後半のバトルシーンで流れた曲。かっこよかったです。

ノー・ダウトNo Doubt)は1986年に結成されたアメリカ合衆国のスカパンク、オルタナ、ポップロック系のロックバンド。現在までにグラミー賞を2つ受賞し、世界中で2700万枚のレコード売り上げ記録を持つ


※画像クリックでAmazonに飛びます

曲名 Man On The Moon 歌手名 R.E.M.

R.E.M.(アール・イー・エム)は、アメリカ合衆国のオルタナティヴ・ロックバンド。1980年に結成され、2011年に解散[2]。2004年にローリング・ストーン誌が発表した「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第97位に選ばれている。2007年にロックの殿堂入り。

あとがき

途中、クスっと笑える場面もあり(PCの読み込み音や、ネコなどなど、、、)とても楽しめました。

あとは、ニック・フューリの眼帯の謎ですかね!

ということで、、、次は、、、ついに!

「アベンジャーズ・エンドゲーム」です。これはもう期待せずにはいられません!

では、さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)