「スパイダーマン2」エンドロール(エンディング曲)は?

こんにちは。

「スパイダーマン」は、”アメイジング”より”トビー・マグワイヤ派”のぶちトマトです。
中でも、「スパイダーマン2」は傑作ですよね。

そんな「トビーのスパイダーマン2」を、アマゾンプライムで発見!
電車のシーン、最高ですね。久しぶりに泣いてしまいました…。

では、エンドソングのご紹介です。

どうぞ!

曲名 Ⅴindicated 歌手 Dashboard Confessional (ダッシュボード・コンフェッショナル)

エンドソング1曲目はこちら。

歌っているのは、アメリカのバンド「ダッシュボード・コンフェッショナル」です。

曲名 Ordinary (オーディナリー) 歌手 Train(トレイン)

エンドソング2曲目がこちら。

歌っているのは、アメリカ合衆国のポップロックバンド「Train(トレイン)」
タイトルの「Ordinary (オーディナリー)」は「普通の」と言う意味です。

ピーター・パーカーの揺れる心情が表れているタイトルですよね。

曲名 Spider-Man Theme (Junkie XL Remix) 歌手  michael buble(マイケル・ブーブレ)

エンドソング3曲目は、♪スパイダーマン スパイダーマン~♪耳なじみのあるこの曲。

歌っているのは、カナダ出身のポップ・ジャズアーティスト「michael buble(マイケル・ブーブレ)」

あとがき

「スパイダーマン2」は、電車のシーンだけでなく、MJとの恋や親友ハリーとの関係など、「スパイダーマン」として生きていくピーター・パーカーを取り巻く人々の心情も描かれていて、どのシーンを切り取っても最高ですよね。

そして、最高と言えば「サントラ」も!

参加アーティストが、Maroon 5、ロストプロフェッツ、フーバスタンク、トレイン、イエローカード、JETなどなど…洋楽ロック好きにはたまりませんね~。


※画像クリックでアマゾンに飛びます。

最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)