「プーと大人になった僕」エンドロール(エンディング)の曲は?

こんにちは。

「何もないことに忙しい」

と、名言づくしのディズニー映画「プーと大人になった僕」を鑑賞しました。

実写版のプーさんは始めてでしたが、映像も音楽も素晴らしかったです。

特に音楽。オープニングの楽しい曲から始まり、やさしい歌や歌詞に癒されました。落ち込んだに聞くとプーさんに元気をもらえそうです(笑)

サントラにも歌ものが入っているのが嬉しいですね。

では、エンドソングを紹介します。

曲名 My Favorite Day (今日が大好き)

エンドクレジットの1曲目がこちら。サントラの22曲目です。

聞いているだけで、心が安らぎます。

曲名 ビージー・ドゥイング・ナッシング(Busy Doing Nothing)作曲者名 リチャード・M・シャーマン(Richard M. Sherman)

エンドソング2曲目。

昔のフィルム映像をバックに流れた曲、浜辺でピアノをひいているのが、、、この曲の作者でもあるリチャード・M・シャーマンです。

なんとも、ニクイ演出です。

ディズニー音楽といえば、兄でもあるB・シャーマンとともに「シャーマン兄弟」として有名です。

往年の名作「メリーポピンズ」や「ジャングルブック」などを手掛けた巨匠。またウォルト・ディズニーの親友でもあります。

Busy Doing Nothing(何もしないことで忙しい) 歌詞

僕は何もしないことで忙しい
何もしないこと
それが僕にとっての人生
だって僕が何もしていない時は
僕にとって最も適した何かをすることに忙しいのだから

だって僕は何もしないことで忙しいのだから
自分に休む時間などあり得ないことが分かったよ
何もしないことで忙しくしていると
僕は何かをすることに忙しいんだ
何もしないということは
僕がする最高の何かなんだ

出典:マスカレードブログ様 より

クレジット途中のセリフ「世の中変わりそうだ、悪くない方向に。気づいてくれてありがとうう」と言う言葉が素敵です。

曲名 クリストファーロビン(Christopher Robin)作曲者 リチャード・M・シャーマン

エンドロールのラストに流れた曲。サントラの25曲目。

タイトルは原題と同じ「クリストファー・ロビン」まさに、映画のラストを飾るのにふさわしい曲ですね。

こちらもリチャード・M・シャーマンの楽曲。なぜでしょう、聞いているだけで「心がキュ」となって、泣きそうになります。

旋律がヤバイです。

どうしても、歌詞が知りたかったのですが英語版しかありませんでした。

得意な方、和訳していただけるとありがたいです。

Christopher Robin, look at me Tell me what you see Do you remember how we used to be? You were a special friend of mine We were forever wasting time Keeping busy whole day through Just doing nothing with nothing to do Gathering acorns off the ground Picking up Pooh sticks all around Dreaming up something not to do Just being us, being me and you Christopher Robin, can’t you see From the very start We were never meant to be apart? Let’s be together every day Playing the games we always played Christopher, you will always stay Here in my heart

あとがき

「プーさん」というとおっとりしていて、はちみつ大好きみたいなイメージですが、、、

ことあるごとに自然と出てくる名言の数々。

完全に悟っています、、、

凹んだときは、彼の言葉を思い出して勇気をもらいたいと思います。

では、最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)