「ファインディング・ニモ」エンドクレジットの曲は?歌っているロビー・ウィリアムズって?

こんにちは。

夏と言えば、スイカ、かき氷、海!そして「海」と言えば、、、


「ニモ」

ですね。

ということで、夏にぴったりな「ファインディング・ニモ」のエンソングをご紹介

今回はこの曲を歌っているお方「ロビー・ウィリアムズ」さんのこともめちゃくちゃ気になったので調べてみました。

では、エンドロールを深堀りしていきますよ!

曲名 ビヨンド・ザ・シー(Beyond the Sea) 歌手名 ロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)

こちらがエンドソング1曲目。

歌っているのは、イギリス出身のポップシンガー「ロビーウィリアムズ」さん。(ロビン・ウィリアムズではないですよ、一文字違うだけでパッチ・アダムスになってしまいますからね)

以下、wikiより引用

テイク・ザットのメンバーとして活動し、それ以外にもソロのアーティストとして活動し多大な成功を収め、全欧的な人気を誇る。

この「テイク・ザット」という5人組。後の「バック・ストリート・ボーイズ」などの先駆けとなったアイドルグループで、、、

グループサウンズの先駆けとなった「ビートルズ」のように、すばらしい功績を残しているグループでもあります。

要するに、、、

アイドルグループ中のトップアイドルグループ。まさに、、、レジェンドアイドルグループ。

グループグループすみません。とりあえずですね、、、

日本で言うと、、、

「嵐」や「NEWS」や「スマップ」の先駆者でもある、、、いわば光GENJIのような存在なわけです。いや、シブガキ隊か?いや、少年隊か、、、もうわけわかりません。

えっとですね、、、

イギリスでは伝説のすんごいアイドルグループということです。たぶん。

BBCでは「UK音楽史上、ビートルズ以来、最も成功したバンドで老若男女問わずに愛されている」とたびたび報じられた。

「アルバム」もバカ売れしています。

1996年の解散発表に伴ってリリースされたベストはこちら

再結成後(2005年)に発売されたリミックスバージョンも

※画像クリックでamazonに飛びます

「ビヨンド・ザ・シー」はもとはフランスの曲

この曲はもともとは、ラ・メール(フランス語で海という意味)の楽曲で、、、

フランスの歌手、シャルル・トレネの「ラ・メール」(La Mer)にジャック・ローレンスが英語詞をつけた楽曲。1960年にボビー・ダーリンが歌いヒットした。

とのこと。

まさに、時代の中で歌い継がれてきた名曲と言うわけです。

曲名 息子よ、遊んどいで 作曲者名 トーマス・ニューマン

こちらもエンドロールで流れていましたね。楽曲はアメリカ出身のトーマス・ニューマン。

有名どころでは「ショーシャンクの空」なども。

海の中にいるような「ニモサントラ」は聞いているだけで癒されます。

あとがき

今回もエンドロールからの素晴らしい音楽の出会いがありました。感謝です。

しかし、「ニモ」

久しぶりに見てもやっぱり面白いですね。私もこどもが生まれて父親になったので、以前とは違い「父親目線」で見て感動してしまいました。

昔見た作品を、年月が経ったあとで見ると「新たな発見」があって面白いです。

では、さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)