「カーズ2」エンドロール(エンディング曲)の曲は?

名画に名曲あり、映画から始まるステキな音楽との出会い!

そして映画といえば、、、「エンドロール」

余韻に包まれながら、奏でられる「音楽」は、まさに食事後のデザート!

この記事ではエンドクレジット曲(エンドソング)にスポットをあて、「歌っているアーティスト」を深堀りしていきます。

今回は2011年公開ピクサー製作の「カーズ2」です!

「カーズ1」のエンディング曲はこちら!

曲名 コリジョン・オブ・ワールズ(Collision Of Worlds)歌手名 ロビーウィリアムズ/ブラッド・ペイズリー(Brad Paisley and Robbie Williams)

エンドソング1曲目がこちら。

歌っているのは、イギリスのポップシンガー「ロビーウィリアムス」と、前作「カーズ」のエンドソングも担当したカントリーミュージシャンの「ブラッド・ペイズリー」

ロビーウィリアムスといえば、伝説のボーカルユニット「テイク・ザット」のメンバー。そして、ブラッド・ペイズリーもカントリー音楽チャートで1位をとり続けるほどの大物ミュージシャン。
かなり不思議な組み合わせ、否、すごいコラボです。よって、、、曲は最高。お二人ともめちゃくちゃいい声してます。

【英語版】 曲名 ノバディーズ・フール(Nobody’s Fool) 歌手名 Brad Paisley

「英語版」のエンドソング2曲目。こちらも「ブラッド・ペイズリー」が歌っています。渋い。

【日本語版】Perfume(パフューム)の「ポリリズム」

日本語版のエンドソング2曲目。こちらの動画は公開前のCMで流れていたものです。リズムに合わせて踊るメーターやマックイーンかわいいですね。

歌っているのは3人組テクノユニットのパフューム。でも「なんでパフューム?」なのか調べてみると、、、

J-POPファンのピクサースタッフが監督のジョン・ラセターに推薦し、気に入られたからだという。

なるほど、、、また物語の序盤の舞台も「日本」ということもありますね。

挿入歌でもながれたこの曲によって、世界での知名度も一気にあがりました。

サウンド・トラック 全26曲(歌もの5曲含む)


ボーカル曲(歌もの)が上記で紹介した曲のほか、ウィーザーの「ユー・マイト・シンク」や、ベナバールの「モン・クール・フェ・ブルーム」など5曲も収録されていてお得感満載です。

オーケストラスコアは巨匠「マイケル・ジアッチーノ」

あとがき

「コリジョン・オブ・ワールズ」を聞くとテンションあがります。車で海沿いを走るときにかけるとなおGOODです。

しかし、2曲目、、、「英語版」と「日本語版」の差がすごい(どちらがいいかは別として)ですね(笑)

では、さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)