「ゴッホ」を知るなら映像で。おすすめ映画は?

こんにちは。

「ゴッホ最後の手紙」で衝撃を受けてから「ゴッホ」にハマってしまいました。

27歳から描き始めたゴッホ。9年間で描いた絵は900点!

そして、嘘かホントか生前に売れた絵は1枚だけという、、、。

天才。狂気。不遇のアーティスト。名前は誰もが聞いた事があるゴッホ。

「どんな人物だったのか?、どんな生涯だったのか?」もっと知りたい、、、。

そんな時に、おすすめなのが「映画」「ドキュメンタリー」などの映像作品。

今回は、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の魅力あふれる「映像作品」をまとめてみました。

まずは、最新作からどうぞ!

永遠の門 ゴッホの見た未来(2019年11月8日公開)

ゴッホの生涯をシリアスに描いた映画。ポスターには耳をそぎ落としたであろうゴッホの姿が、、、。

自画像のゴッホに似ていて、かなりリアルですね。

監督は「ジュリアン・シュナーベル」ゴッホ役は第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した「ウィレム・デフォー」

すでに全米で公開されていて、評価も高い作品です。これは期待せずにはいられませんね。

2019年11月8日(金)より全国順次ロードショー。公式サイトはこちら

ゴッホ~最後の手紙~

2018年のアカデミー賞にもノミネートされた話題作。始めて見た時は衝撃でした。

ゴッホの事を知っている人も、知らない人も楽しめる作品かと。

映像を見ているだけでも楽しいです。

全編を通して、「ゴッホ」の油絵がヌルヌル動きます。

ちなみに、吹替え版ゴッホの声優は「山田孝之」

これが、また渋くていい声。ぴったりハマってます。

ドキュメンタリーもあわせて

「ゴッホの最後の手紙」のドキュメンタリー映像。

125名のアーティストが描いた6万枚を超える油絵を使ってつくられた作品

「手間かかってます

世界で一番ゴッホを描いた男

中国の複製画の町。

出稼ぎで20年もの間、独学でゴッホを描いている男。

ゴッホの絵を描きまくっているうちに「本物のゴッホの絵を見たい」という夢ができる。

夢を叶えた彼が下した決断とは、、、。

ゴッホを通して、自分の人生を見つめなおしていく話です。

画家とは?職人とは?考えさせられます。

ゴッホ:天才の絵筆

2009年に制作されたゴッホのドキュメンタリー。映像が美しいです。

アマゾンプライムでも見ることができました。

39分ほどの作品で、サクッと見れるので是非。

ゴッホが絵を描き創めた「27歳から死を迎えるまでの9年間」を手紙や代表作から振り返ります。

炎の人ゴッホ

1956年の作品。映像は古いですが、忠実に再現されています。

あとがき

映像で観ていると、まさに「魂を燃やして」キャンバスに描いていたんだと感じますね。

「ゴッホの映像作品ならこんなのも!」というのがあれば、是非教えてください!

では、最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)