【1歳から】「ゴッホ」を題材にしたおすすめの絵本

こんにちは。

日本でも大人気の画家「フィンセント・ファン・ゴッホ」

今回は、そんな「ゴッホを題材にした絵本」を集めてみました。

「ゴッホ」と聞くだけで「難しそう!?」と思ってしまいがちですが、1歳から楽しめる絵本もあります。

こどもの読み聞かせにもぴったりな絵本。

おやすみ前のひとときに親子で名画の世界に飛びこんでみては?

※絵本の画像クリックでAmazonに飛びます。

ベイビー・ヴァン・ゴッホ


1歳から楽しめる絵本。初めて出会う「色」はどんな色?鮮やかな色の絵がいっぱいです。

ゴッホの絵本―うずまき ぐるぐる


ゴッホの「ぐるぐる」をテーマにした絵本。お子様と「ぐるぐる」と一緒になぞるのもいいですね!

評価も高く、おすすめの1冊です。

ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ

絵本でゴッホの人生がわかりやすく学べます。

ケイティと星月夜

ゴッホの「星月夜」がテーマになっている絵本。

ゴッホの星空

ゴッホの生涯を描いた伝記。

ゴッホ―風がはこんだ色彩

風と話ができたというゴッホ。挿絵も素晴らしいです。

ゴッホとひまわりの少年

「ひまわり」が題材の絵本。色彩も豊かです。

あるアーティストと悪がきだったぼくのこと

「生前に売れた絵は1枚だけ」という、、、多くの人に理解してもらえなかったゴッホ。それでも自分を信じて描き続けたゴッホ。少しテーマは重いですが(いじめについてのテーマ)考えさせられます。

ゴッホとゴーギャン

同じ時代を生きた二人の画家の伝記。

ますむら・ひろしの「ゴッホ型猫の目時計」

ファンタジー作家、ますむらひろしが描くゴッホの世界。絵だけでなく、詩(ポエム)もすてきな1冊。

あとがき

お絵かきが大好きなお子様のプレゼントにも喜ばれそうですね。これで将来は画家!?

さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)