【世界中のかわいい絵本】を1歳からお届け!出産祝いや、プレゼントにも!

こんにちは。5歳と3歳の2児の母「ぶちトマト」です。
ご覧いただきありがとうございます。

先日、我が子の通う保育園で「国際交流」という行事がありました。
来てくれたのは、アメリカ人の男性とモンゴル人の女性。子供たちに、それぞれの国の事をたくさん話してくれました。

その時、持ってきてくれたのが地球儀!

見たことある子供が半分、見たことない子供が半分、どちらの子供も”くるくる回る球体”に大興奮!!

でも、「自分たちの”国”がどこにあるか、わかりますか?」と聞かれ、

答えられた子供は、年中さんのクラスでたった1人。

子供たちは、親が思っている以上に”地球儀”や”世界・国”に興味があるのに、なかなか子供に”世界”と接する機会を作ってあげる事って、出来ないですよね。

私もそうです、息子君は答えられませんでした。

そんな時、「30か国の国の絵本」を扱っている出版社を見つけました。

この記事では、そんな「世界の国の絵本」を扱っている会社”WORLDLIBRARY Personal”について書いていきます。

子供が”世界の絵本”に親しめない3つの原因

図書館の絵本は選びきれないし、どこの国の絵本なの??

我が家から、徒歩5分の距離に”市立図書館”があります。
図書館には、子供から大人まで、様々な”本”がぎっしり!

図書館の、”子供のための絵本コーナー”には、幼児向けから児童向けまで、本当に様々な絵本がそろっています。
その中にはもちろん、日本だけでなく、”世界中の絵本”があります。

でも、ともかく多すぎて、何を読んであげたらいいのか悩んでしまいます。
そして、じっくり絵本を選びたいのに、子供たちがいるとゆっくり選ぶことなんてできませんよね。

我が家の子供たちは勝手気ままに手に取って、「これ借りる~」なんて言っています。
”選ぶ”と言うよりも、”適当に取る”です。

そんな状況ですから、絵本を借りる時に「これどこの国の絵本かな?」なんて、見て選んでいる余裕なんて、ありません!!

我が家が図書館に行くと、結局、「これと…これ!で、いいね!!」…こんな感じです。

ともかく、種類が多くて選び放題なのに、”選ぶのに時間がかかってしまう””じっくり選ぶ時間がない!”んですよね。

それに、図書館の絵本は、パッと見て、「どこの国の絵本」なのか、わかるようになって排ないんですよね。

子供に絵本を読む時間がなーい!!

仕事に家事に育児に、母親は大忙しです。

”読み聞かせ”をじっくりしてあげたい気持ちは、もちろんあるんです。
むしろ、”読み聞かせは必要ない”と思っている母親は、いないくらいですよね。
たくさんの絵本を読んであげたいんですよね。

でも、でもでも、忙しいんですよねー…。
疲れているんですよねー…。

仕事から保育園へ行って、家に帰って来て、洗濯片付けて夕飯作って食べさせて…また片付けて、お風呂、次の日の支度ー。

もう、”やる事”に追われて大忙しです。
家に帰ってから、座っている時間は”夕飯食べている時”だけなんてこともしばしば。

お布団に入って「さて読み聞かせを!!」と思っても、疲れ果ててしまって「今日はいいか…。」なんて思ってしまう事も…。
”読んであげたいのに疲れ果てた…”なんてこともしばしば。

絵本って、高い!!

絵本って、高いと思いませんか??

子供と出掛けた時に、「何か買って~」なんておねだりされること、ありますよね。

そんな時、我が家では「絵本ならいいよ」と言うんです。
おもちゃより絵本の方が、買ってあげてもいいかな…と思うんです。

でも、いざ本屋さんに行くと…高い高い!
”どれにしようか?”と言うよりも、”これとこれ、どっちがいい?”ってなるべく安い方に誘導してしまったり…。

「これいいな~」と思う絵本は、だいたい1500円クラスだったりします。
2人に1冊ずつ買うと…。

それに、仕掛け絵本なんか2000円超えてしまいますよね。

これでは、毎月絵本を買って読んであげるのも難しいですよね。

子供が”世界の絵本”に親しむための3つの方法

子どものお気に入りの絵本を見つけてあげよう!

”図書館で様々な国の絵本を借りてきて、色々な絵本にたくさん触れる”、これってすごく大切な事ですよね!
でも、図書館の絵本はいつかは返却しなくてはいけません。

だから、”自分だけの絵本を持たせてあげる”、これも大切な事なんですよね。

そして、”お気に入りの自分だけの絵本”を見つけてあげたいですよね。
”お気に入りの自分だけの絵本”は、何冊あってもいいですよね~。

それに、”お気に入りの自分だけの絵本”が、「様々な国の絵本」だったら…スゴイ!最高!!!

”お気に入りの絵本”は、何度も「読んで!」と言ってくるし、「自分で読みたい!」と子供のやる気スイッチが入るきっかけにもなります。

何度も繰り返し読むことで、絵本の世界をより理解することができます。

日本以外の国の絵本を深く理解する事は、その国の文化や世界観を理解することに繋がっていきますよね。

「自分で読みたい!」と思ってくれて、自分で読んでくれたら…読み聞かせの必要がなくなる!?最高~!

プロにお任せして、定期的に届くようにしてしまおう!

「自分で読みたい!」と思えるくらい”お気に入り”の絵本、見つけるの難しいですよね。

しかも、世界の絵本なんてどれを買っていいのか…どの本屋さんに買いに行っていいのか…子供の月齢に合う絵本はどれか…わからない!!

それに、買いに行く時間がない…買いに行っても子供たちに邪魔されてゆっくり選ぶ時間がない…。

ない…ない…って言っていてはいけないと、わかっていてもなかなか難しいですよね。

それなら、”プロの人が世界の絵本から、自分の子供の月齢に合った絵本を選んで届けてくれればいい”と思いませんか??

ない…ない…と悩んでいたことが、一気に片付いてしまう!?

それに、定期的に届いてしまうと「今日は読むのちょっと…」って言いにくいですよね。

読み聞かせをサボってしまう私には、定期的に届いてしまった方が”読まざるを得ない”状況になっていいのかも…。

プロが選んだ世界の絵本が月額1000円で届く

「世界の国の絵本」を扱っている会社”WORLDLIBRARY Personal”では、プロが選んだ絵本が、月額1000円(税別)で届きます。

しかも、送料無料

”え?1000円??”と思いますよね。

”もしかして、1000円しない絵本とか??”と疑ってしまった私は、HPで絵本の値段をチェック。

なんと、1000円以下の絵本は、ありません!!

それどころか、2000円クラスの仕掛け絵本が1000円で届く月もあるんです!!!

しかも、年齢月齢に合わせて絵本を選んでくれます。

子ども成長は早い!ですよね。

例えば、3歳0カ月の時と、3歳11か月の時では、全然違います。
年齢だけでなく、月齢に合わせて選んでくれてあるのはすごく嬉しいですよね。

しかも、1歳4か月からお申込みができます。

こんなに小さい時から”プロが選んだ「世界の絵本」”に触れていれば、世界に興味を持つきっかけにもなりますね!

あとがき

”様々な国の絵本”をきっかけに、子供たちに”世界”と繋がるきっかけを作ってあげられたら、ステキですよね!

WORLDLIBRARY Personal”は扱っている絵本の「国」の数が多くてびっくり!
中には、”韓国”や”中国”の絵本も!

同じアジアの国の絵本なのに、親しむ機会って意外とないですよね。

読んでみたいな~、と思える絵本がたーくさん!

毎日のお休み前、お子さんと一緒に絵本で世界旅行はいかがでしょうか?

それでは、さいごまでありがとうございました!

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)