2017年9月公開!C・ノーラン監督最新作「ダンケルク」がとにかく「すごい」!

こんにちは。映画大好き!子育てママの「ぶちカボチャ」です。
ご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、私はバットマン・スーパーマンなどがあまり好きではありません。
女性でも、アメコミ系が好きな方もいらっしゃると思います。
でも、私のようにあんまり好んでは見ないな…と言う方もいるのではないでしょうか??

そんな私ですが、映画「ダークナイト」は違いました。
映画を見た後に、思わずパンフレットを衝動買いしました。
そのパンフレットは、隅から隅まで熟読し今でも保管してあります。

そんな、映画「ダークナイト」の監督・クリストファー・ノーランの監督最新作の公開が決まっています。
この記事では、映画「ダンケルク」について書いていきます。

最後までよろしくお願いします。

予告編から緊張感がすごいです!

公開日

2017年9月9日(土)ロードショウ

2014年11月22日公開の前作「インターステラー」から約3年、宇宙から地上へと舞台を移し、どんな映像を見せてくれるのか?!待ちきれませんね!!

あらすじ

「ダンケルク」=フランス北端にある港街、ダンケルク港。

1940年、第二次世界大戦。
ヒトラー率いるドイツ軍によって、ダンケルクに完全包囲された英仏連合軍。連合軍の兵士の数は40万人。兵士を助けるため、イギリスからはドーバー海峡にいる民間船をも含む全船舶が集められた
その数は総勢700隻ドイツ軍による陸海空3方向からの攻撃が押し寄せる中、限られた時間の中で史上最大の救出劇が始まるー。

監督

クリストファー・ノーラン監督

代表作に「メメント」「ダークナイト」シリーズ3部作・「インセプション」「インターステラー」があります。
監督作品2作品目の「メメント」が大ヒットし世界中から注目されるようになりました。

これだけの大ヒット作を産み出し、「ダークナイト」は批評家に絶賛されていたにも関わらず、未だ「アカデミー賞」「ゴールデングローブ賞」ともにノミネートだけで受賞がなく”無冠の帝王”とも呼ばれています。

キャスト

トム・ハーディ
キリアン・マーフィ
ケネス・ブラナー
マーク・ライランス
フィオン・ホワイトヘッド
ハリー・スタイルズ

前売り

一般1400円発売中です。

特典はありません。

大傑作の予感!

あとがき

クリストファー・ノーラン監督は、世界中のほとんどの監督がデジタルカメラで撮影している中、フィルムでの撮影にこだわっている数少ない監督です。

そして、IMAXフィルム(通常のフィルムは35㎜ですが、このIMAXフィルムは70㎜あるそうです)を長編映画の撮影に初めて使い、極力CGには頼らない撮影をされるそうです。

IMAXフィルムが通常のフィルムより大きいと言う事は、通常の映画館のスクリーンでの上映ではカットされる部分があると言う事になります。

もし、お近くにIMAXシアターの映画館があったらぜひ行って見てください。
きっと、陸海空3方向からの大迫力映像が見る事ができます。

ちなみに、日本で一番大きなIMAXシアターは、大阪にある「109シネマズ大阪 エキスポシティ」でスクリーンはビル6階分に相当する縦18m×横26mです。

行って見たい…!!!!!

最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)