展望席は争奪戦!?観光特急「しまかぜ」に乗ろう!予約や料金は?

しまかぜ

こんにちは。当ブログをご覧いただきありがとうございます。

当ブログは夫婦2人子育ての事など書いています。
この記事の担当は30代2児の母「ぶちかぼちゃ」です。
よろしくお願いします。

さて、2月に伊勢志摩への旅行を計画しております。
なぜ、伊勢志摩なのか?と言うと??

パルケエスパーニャが特別営業で安いから・・・
だけではないのです!

息子君の「しまかぜ乗りたいっ!」🚃

この一言があったからなのです。
我が家の息子君は「乗り物大好き!!」。ただ今、「乗り鉄」への道を歩み始めたところです。

「どこに行きたい?」の問いに「しまかぜに乗りたい」・・・え?それって目的地じゃないよね?ってなもんです。(次は「はやぶさ」に乗りたいそう。)

「しまかぜ」が何なのか?それすら知らなかった私。完全に置いてきぼりです。

「乗り物大好き」息子君をお持ちのお母さん!
一緒に「しまかぜ」について学びましょう~。

観光特急「しまかぜ」

「しまかぜ」とは簡単に言うと、大阪・京都・名古屋から1日1往復、伊勢志摩を走る特急電車です。

車両には、展望車両やカフェ車両、個室(和・洋それぞれ1室ずつ)もあり「乗ることが観光」になる特急列車です。

料金は?

普通運賃・特急料金・しまかぜ特別車両料金を合わせた金額です。

乗車駅により金額が異なりますが、一番高いところが「京都から賢島」の(2530円+1900円+1130円)計5560円です。→詳しくはこちら

子供料金は大人料金の半額です。

おとな料金は12歳(中学生)以上からかかります。
こども料金は6歳から12歳(小学生)にかかります。

幼児と乳児は原則無料ですが、料金がかかる場合もありますので要注意です。

幼児と乳児に料金がかかる場合は、
1、幼児だけで乗車する場合
2、おとな(又はこども)1人につき、幼児(又は乳児)2人までは無料。3人目からは有料。
3、団体券で乗車の場合。幼児は団体割引の人数に含まれるため。
4、幼児(又は乳児)1人が1つの座席を使う場合。
以上、4点です。

予約・購入

「しまかぜ」には週に1日、運休日があります。(大型連休中は例外ありです。)
大阪発は、火曜日。京都発は、水曜日。名古屋発は、木曜日です。
乗りたい日が運行しているのか、まずはご確認を!

予約・購入には3通りの方法があります。

1、インターネットで予約・購入
2、近鉄駅窓口での購入
3、旅行会社での購入

購入は乗車日の1ヵ月前の10時30分からできます。

我が家は、インターネットで予約・購入をしました。

しまかぜのHPより、近畿日本鉄道のHPに入り「会員登録せずに購入する」を選択し「購入開始」です。
「乗車日時・発駅・着駅」を入力し「しまかぜ」を選び、「人数」を入力し「座席位置選択」の所を〇シートマップから選択にして次へ。
すると、好きな席を選ぶことができます。「座席位置選択」と所で、〇選択しないのまま進んでしまうと席が選べません!ご注意ください。

あとは好きな席を選び、必要事項を入力していくと購入完了です。
必要な事を入力していけば購入できますので、難しくありませんでした。

払い戻しは、列車の出発時刻前まで可能です(手数料がとられます)。

インターネットで購入できるのは、特急券としまかぜ車両特別料金だけです。
駅にて乗車券を購入して下さい。

購入時の様子

チケット購入時、仕事中だったため購入開始10時30分に手続きをすることができませんでした。
仕事が少し落ち着いた、11時30分ころインターネットを開いてみると、すでに個室2部屋と展望車両の最前列は売約済みでした。

しかし、不思議なことに展望車両ではない2・5号車のプレミアムシートが売れているのに、1・6号車の展望車両(プレミアムシートで料金は同じ)は最前列以外は残っていたのです。

平日だから?団体だと2・5号車にされちゃうとか???よくわかりません・・・。

わかった事は、個室および最前列をご希望の方は、平日の乗車でもすぐに売れてしまいますので10時30分にパソコンの前へ!!

あとがき

息子君、毎日「あと何回寝たらしまかぜ??」と聞いてきます。

とっても楽しみにしてくれています。
なんだか、鉄道ファンではない私も「しまかぜ」に乗るのが楽しみになってきました。

「しまかぜ弁当食べる~!」と張り切っている息子君。
つられて私も食べたくなってきました。

子供の楽しみは自分の楽しみになってしまいます。

遊園地に行くのもいいですが、「家族旅行で観光列車」もわるくないですよね!!

「しまかぜ」に乗車したら、その事もブログに書きたいと思います。

最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)