【父親編】ドヤ顔で言いたい映画の決めセリフ10選!

こんにちは。

先日、片付けをしていたら出てきたこちらの小冊子。「シネマ名言集」

2012年頃にツタヤで配ってい居た物です。

ほとんど読まないまま、ずっと棚の隅に置きっぱなしに。しかし、改めて読み返してみると、心に響く言葉が。

映画の中に出てくるたくさんの、名セリフや名言っていいですよね。

僕も、今まで見た映画の中に「心に刺さったセリフ」がたくさんあります。

ということで、

今回は、「日常生活でサラッと言えたらカッコイイかも!」な名言を父親編としてチョイスしてみました。

是非、ここぞという時にドヤ顔で使ってみて下さい。

家族を大切にしない奴は男じゃない

作品:ゴッド・ファーザーPART1

マフィア映画の最高峰。ここで言う「家族」は「仲間」という事でもあります。

セリフを言うときは、ゴットファーザーのテーマを頭の中で流しながら、クールに。言い放ちましょう。

僕らはケンカする。うまくやっていくのは難しい。だからお互い努力しないとやっていけない。僕は努力したい。これからずっと一緒にいたいからだ。

作品:君に読む物語

夫婦げんかの後に奥様に言ってみてはどうでしょう?ちょっと長いので、途中で噛んでしまうかもしれませんが…。惚れなおすこと間違いなし!?

考えるな感じろ!

作品:燃えよドラゴン

これはもう、誰もが知ってる「名言中の名言」ですね。

しかも、様々なシーンで使う事の出来るオールマイティな名言です。

ラーメン屋で味噌か醤油か迷った時、UFOキャッチャーをやる前、自分に言い聞かせることもできる名言です。

 怖いのはみんな同じだ。だがそこで何ができるかで男が決まる。

作品:ブラックホークダウン

男なら、やるべき時はやらなきゃいけないわけです。

人生を選べ!

作品:トレイン・スポッティング

90年代最高の陽気で悲惨な青春映画。当時のポスターには「未来を選べ!」と書いてあります。ユアン・マクレガーのようにカッコよく言い放ちたいですね。

イギーポップ、アンダーグランドの曲も最高!

人生はチョコレートの箱と同じ。開けてみるまでは何が入っているかわからない。

作品:フォレスト・ガンプ

フォレスト・ガンプも名言の宝庫です。落ち込んでいる人にそっと教えてあげましょう。

 やり方は3つ。正いやり方。間違ったやり方。俺のやり方だ。

作品:イントゥ・ザ・ワイルド

こんな事言えたらカッコいいですが、本気で言ったら「はあ?」と返されてしまいそうなので、あくまでもジョーク程度に。

何ごともなせばなる、だろ?

作品:バック・トゥ・ザ・フューチャー

80年代の名作も名言の宝庫です。ニヒルな笑顔で言い放ってください!

誰であっても人には敬意を払いなさい

作品:デッドマン・ウォーキング

ここぞという時に、我が子に教えたい言葉です。

ヒーローに必要なのは純真さと想像力の完璧な融合だ

作品:キック・アス

子どもが男の子だと、パパはヒーローごっこに付き合わされる事って多いですよね(笑)
ヒーローになりきる為には、覚えておきましょう。

あとがき

いかがでしたでしょうか?こうやって見てみると、名セリフは名シーンでもありますよね。

実際は、映画の中で言うからこそカッコイイセリフなんですよね(笑)

でも、覚えておいて損はないんじゃないかと。

最近見た映画の中では「SING/シング」の「どん底まで落ちたら何がある?あとは上がるだけだ」なんかが、心に刺さりました。

映画ってやっぱり名言の宝庫なんだと改めて思いますね。

ちなみに、僕が息子によく言う言葉は「あきらめたらそこで試合終了だよ! byスラムダンク」です。しょっちゅう言ってます(笑)

映画の名言。是非使って見て下さい!最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)