「ミッショントゥーマーズ」はSFのカオス作品!スタンド・バイ・ミーの彼も出演!

どうも。ノスケです。

最近、NHKのBS番組で録画してあった「ミッション・トゥ・マーズ」見ました!

普段はテレビもあまり見ないし、テレビ番組の録画もあまりする方ではないのですが
NHKのBS料金もちゃんと年払いで払っているんでね。

なんだか見ないと損したような気分になる為、BSの番組表を見て
面白そうなのがあれば録画予約をするといった感じです。

SFカオスな「ミッション・トゥ・マーズ」

そんな「ミッション・トゥ・マーズ」ですが、いや~なかなかのカオス作品でした。

実は十何年も前に見た事があるような気がしていて「たしかおもしろかったよなあ・・・」という

漠然とした記憶だけがあったのですが、冒頭からまったく覚えていませんでした。

2000年に公開された作品なのですが、宇宙のシーンなんかは、個人的には
そんなに古臭さも感じられず、すごくよくできていると思いました。

ただ、内容はかなりカオスでしたね。ジャンルがあるならSFカオスですね。

途中からもう突っ込みどころが満載なわけです。いい意味で。最後もかなり気になります。

ネタバレになってしまう為、詳しくは書けませんが。

なんだかんだでこういうの好き

でも私はこの作品好きですね。。。見終わったあとに見たヤフーレビューはひどいもん

でしたが、見方によっては色々てんこ盛りの「極上どんぶり」のような作品だと思いました。

SF好きなら、絶対に見ておきたい1本だとおもいます。

豪華な俳優陣も揃ってます。

出演している俳優さんもどっかで見た顔の方ばかりで、最初は「この人の名前なんだっけ?」

そっちばかり気になって全然集中できませんでした。

ググればいいのですが、個人的には自力でなんとか思いだしたいので

「なんだっけかな~たしかこの人フォレスト・ガンプのダン中尉だよな~」

「アポロ13にもでてたよな~」「トム・ハンクスとよく出ててるんだよな~なんだっけ??」

結局最後まで思い出せませんでした。

それってゲイリーさんなんですけどね

まあゲイリー・シニーズなんですけどね・・・。久しぶりに見ました。

もう途中から宇宙船の船長がトム・ハンクスに見えて来るほど、副船長のゲイリー・シニーズでした。

宇宙船のクルーの黒人の方も100%どっかで見た顔したが、作品が出てきません。

映画の中ではかなり重要な役で、この方のサイドストーリーもあったら面白いと思いました。

でも、ビックリしたことが、、、

あと、1番驚いたのは、宇宙船の若いクルーで作り物みたいな顔の人だな~とおもった人が

いたのですが、この俳優が私のバイブルシネマでもある「スタンド・バイ・ミー」に出てくる

ぽっちゃりバーン役の「ジェリー・オコネル」だったことです。

まったく気がつきませんでした。いや~めっちゃ成長していてなんだか嬉しくなりましたね。

ということでわけのわからない事を熱く語ってしまいましたが、カオスを感じたい時と

成長したバーンに会いたくなったらまた見てみようと思います。

では、今日はこの辺りで。

最後までありがとうございました!

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)