【余韻がすごい】Amazonプライムで見れる、「グサッ」とくる重い(深い)映画4選!

映画館

こんにちは。映画大好き!アラフォー主婦「ぶちトマト」です。
ご覧いただきありがとうございます。

我が家の子供たちは、年長さんと年少さんになりました。
2人とも、楽しそうに保育園に通ってくれています。

今日は、ちょっと自分の時間ができました~!
映画でも見に行きたい!と思っていました。

子供が幼稚園・保育園に入園すると、今までなかった”ちょっと”空いた時間が、できるんですよね。

でも、映画の上映時間に合わせて映画館に行く余裕は、ない…。
そんなときに便利なのが、、、

Amazonプライム会員が見れる「無料映画」

オプションの見放題でもラインナップは充実しています。

そして、たまに昼下がりに見たくなるのが重い映画(笑)

そこで、今回はちょっとダークな、ふかーい映画をチョイスしてみました!

では、どうぞ!

21g


主演の3人、”ショーン・ペン”、”ナオミ・ワッツ”、”ベニチオ・デル・トロ”の演技に引き込まれる映画です。

3者3様、どの立場に立って見ても、考えさせられます。

タイトルの「21g」
何の重さだと思いますか?「21g」って決して重くないですよね。
とても”軽い”21gに込められた、かなり”重い”気持ち・思いが、見終わった後も心に重く残ります。

「21g」を、奪ってしまった・奪われた・与えられた人々の思いや苦悩が、心に刺さる映画です。

「バベル」と同じ監督が、同じように時間軸が交差しながらストーリーが展開していく手法で撮っています。
1度だけでなく、2度3度と見たくなる映画です。

私は、公開当時に映画館で見て、思わずパンフレットを購入してしまいました。

ダンサーインザダーク


言わずと知れた、”重い映画”の中の”重い映画”ですね。
見終わった後は、涙腺が崩壊し涙が止まりません。

主人公の過酷な日常が音楽で色づき、ビョークの歌で引き込まれる前半。

後半からラストにかけて進むストーリーの、救いの無さ
言葉に出来ず、涙する事しかできない、ラスト。

前半のミュージカル調からの、後半。
ツラすぎます。

息子を強く愛し続けた”母親”の話です。
公開当時、独身だった私。子育て中の今見ると、また違った感情になるのかもしれません。

ミリオンダラーベイビー


クリントイーストウッド監督作品は、どの作品も心に重く残りますよね。
「ミスティックリバー」も考えさせられる映画でしたが、こちらの映画も考えさせられます。

この映画は「死」をテーマにしていて、見終わった後も重く苦しく考えさせられてしまいます。

何が正解だったのか?あの時トレーナーを引き受けていなければ?
でも、引き受けなければ得られなかった物もある…。
何かと引き換えに得たもの…それを得るために失ってしまったもの…。
じゃあ、失わないために、得られなくてもよかったのか??

何を選べば、どうすればよかったのか、グルグル考えてしまいます。

この映画のラストも”ハッピーエンド”ではありません。
見た人の立場で、「どうしたらよかったのか?」その考えが変わってくると思います。

リトルチルドレン


主演は、ケイト・ウィンスレットです。
彼女の出ている映画が好きです。

私の中の「この俳優さんが出ていると見てしまう」ランキングの上位に入ります。
ジョニー・デップ主演の「ネバーランド」にも出ていましたよね。
この映画も大好きです!

この映画は、大人になり切れない大人の話。

この映画、印象に残っているシーンがあるんです(以下、ネタバレあります)

ある犯罪を犯してしまった”大人”が罪を償い、出所後に普通の生活に戻ります。
普通の生活の中で、近所のプールに行きます。

でも、その人がプールに入って楽しんでいると、”元犯罪者”に気が付いた周りの人が、その人の事を避けるんです。

罪を犯してしまい、償った人。
その人が罪を犯した事を、知っている人。

自分がそのプールに居たら、罪を償った”元犯罪者”を受け入れる事ができるのか…。
短いシーンでしたが、すごく心に残って考えさせられました。

あとがき

私が、ここ3カ月で見た映画は、「リメンバーミー」「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」です(笑)

どの映画も、子供と一緒に見に行ってきました。
子供が一緒に映画を見に行ってくれるのって、今しかない事。

その内に、友達と見に行くようになるんですよね~…。

今しかない時間を、子供と楽しむのは嫌じゃないし、むしろ幸せな事だと思っています。
わかっているんです。わかっているから見に行ってるんですよねー。

でも、たまには、子供と一緒には見れない、心に響く映画も見たいわけで…。

どちらも、大切な時間ですよね。

我慢することなく、時間を有効活用するために、家でも自分の好きな時間に、映画を見れたらいいですよね。

では、さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)