映画『21世紀の資本』劇中で出てくる(紹介されていた)映画は?

話題のベストセラー「21世紀の資本(トマ・ピケティ著)」の映画版が2020年5月22日(金)公開されました。

劇中では、たくさんの映画やテレビ番組が紹介されていましたが、「関連作品も見てみたい!」と気になった方も多いのではないでしょうか?

覚えている範囲でまとめてみた(順不同)のでご参考にどうぞ。Amazonプライムで見れる作品もいくつかあったので興味がある方は是非。

「21世紀の資本」公式サイトはこちら

レ・ミゼラブル

感動大作。これを見て泣かなかった人を私は知りません。

ウォール街

「ウォール・ストリート」リメイク版もありますが、旧作の方が評価は高いです。チャーリーシーンが若い!

プライドと偏見

怒りの葡萄

スタインベック原作「怒りの葡萄」本もおすすめです。

映画 ザ・シンプソンズ

2007年公開の映画。ブラックジョーク満載です。

ファミリーガイ

アメリカで1999年から放送されているアニメーションです。

WR:オルガニズムの神秘


※画像クリックでAmazonに飛びます

予告動画がなかった為、Amazonにあった画像から。こちらも所々で使われていましたね。1971製作アーティスティックな作品です。

エリジウム

未来の世界を描いた映画。格差社会の成れの果てです。

あとがき

コロナの影響で延期になっていた作品ですが、鑑賞できてよかったです。やはり、映画館で見るは映画はいいですね。

分厚い本(728ページ)をじっくり読むのもいいですが、映画だと音楽が入っていたり、わかりやすかったです。

この流れで紹介されていた「関連作品」を見るとまた違った見方ができそうです。

では、さいごまでありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)