【2018年夏休み映画】恐竜好き必見!「ジュラシック・ワールド 炎の王国」前売り特典は?

こんにちは。映画大好き!2児の母「ぶちトマト」です。
ご覧いただきありがとうございます。

夏休みの超話題作!「ジュラシック・ワールド」の続編の公開が決まりましたね!
今作は、「ジュラシック・パーク」シリーズ第5作目!
ん?シリーズ”5”作目??そんなに…!?

シリーズって、見逃したりしていてわからなくなってしまいますよね。
しかも、”大ヒットシリーズ”だと、「見ていて当たり前」「知っていて当たり前」的な流れがあり、今さら人に聞きにくいと言うか…。

私のように、「途中がわかりません!」っていう方も、「見たことない!」って方も、前作までを少しおさらいして、新作を楽しんじゃいましょう!!

前売り特典は、男の子が喜びそうな一品ですよ~!

公開日

2018年7月13日公開!

ジュラシックシリーズ第1作目「ジュラシックパーク」の監督、”スティーブン・スピルバーグ”監督の最新作!

「レディ・プレイヤーズ1」が2018年4月20日に公開されます。
アメリカではすでに公開されていて、オープニング興収第1位!
こちらもチェックですね!

シリーズをおさらいしたい!

このシリーズは、1作目から”繋がり”がある作品となっています。
私のように、”途中見ていない…”なんて人は、出来れば、1作目から見直した方がより楽しめます。
Amazonプライムなら、全作品見る事ができます。(少し前までは無料だったのに、現在は199円でした。残念!)
→ジュラシック・シリーズ

ですが、そんな時間はなーい!子供がいるからムリ―!なんですよね。
そこで、ザッとおさらい!
時間がない方のために、ホント―に”ザッ”とです。

旧3部作

「ジュラシック・パーク」(1993年)
「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997年)
「ジュラシック・パーク3」(2001年)

こちらが、”旧3部作”と言われる「ジュラシック・パーク」シリーズです。

「ジュラシック・パーク」
大富豪に”ある島(A)”に招待された、学者2人は、その島で”生きた恐竜”を目にする。
最新のバイオクローン技術により蘇った”恐竜”を使って「ジュラシック・パーク」を始めようとしていた大富豪と大富豪の会社。
しかし、完璧だと思われた”セキュリティシステム”が壊れ…。
他に招待された博士たちを巻き込みながら、セキュリティが崩壊した島で、次第に恐竜たちが暴走を始め人々を襲い始めるー。

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」
「ジュラシック・パーク」計画が崩壊してから、4年後。
崩壊した島(A)とは別の島(B)に、恐竜の生き残りがいると知った大富豪は、4年前に生き残った博士を含めた4人の博士に調査をさせる。
その調査とは別に、大富豪の会社の新社長も、同じ島を目指していた。
恐竜を捕獲し、アメリカ本土で「ジュラシック・パーク」を始めようとしていた。
しかし、またしても恐竜たちの暴走が始まり…ついには、アメリカ本土にまでー!?

「ジュラシック・パーク3」
さらに4年が経過した、8年後。
8年前に生き残った学者は、ある実業家から恐竜の生き残りがいる島(B)の「飛行ガイド」を依頼される。
「飛行ガイド」とは表向きで、実は島(B)の近くでパラセールをやっていた息子が行方不明になり、息子を探すためのものだった。
息子を探すために島に上陸した一行は、恐竜に襲われる。
しかも、ティラノサウルスよりも巨大で獰猛な恐竜も現れー。

新3部作

「ジュラシック・ワールド」(2015年)
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年7月公開)
「ジュラシック・ワールド3(仮)」(公開予定)

こちらが、”新3部作”と言われる「ジュラシック・ワールド」シリーズです。
今回公開される作品の次に、公開予定の続編が、もうあるんですね!

「ジュラシック・ワールド」
最初の「ジュラシック・パーク」の計画が崩壊してから、22年後。
なんと、22年前に崩壊した島(A)で”恐竜のテーマパーク”「ジュラシック・ワールド」が開園した。
大富豪の会社はほかの会社に買収され、島の所有権を持つその会社は、恐竜のラプトルを「軍事利用」しようと企んでいたが、”ラプトル”の飼育員に反対される。
遺伝子操作で誕生した”ハイブリット恐竜”「インドミナス・レックス」が脱走し、再び恐竜パニックにー!?

「ジュラシック・ワールド/炎の国」
前作で登場した”ラプトル”の飼育員が再び登場します。
火山の噴火の兆候が見られる島(A)から、恐竜を救い出すのか…見殺しにするのか…?!

前売り特典は?

2018年3月3日から発売中!

券種は、一般1400円/小人900円 です。

劇場前売り特典は、「ジュラシック・ワールド ミニフィギュア」
劇中に登場する恐竜3種類の内、1つがついてきます。
どれがもらえるかは、選べないようです。
→ジュラシック・ワールド 公式サイト

これは、男の子にはたまりませんね~!

あとがき

前作、新3部作の1作目「ジュラシック・ワールド」の興収は、世界歴代興行収入4位!!
(ちなみに、1位アバター・2位タイタニック・3位スターウォーズ/フォースの覚醒 です。)どれだけの大ヒットしたかがわかりますね…。

今作の予告を見ると、”恐竜と人間の心の繋がりがテーマ”になっているように見えます。
大大大ヒットした前作に登場した、恐竜の”ブルー(ラプトル)”と、その”飼育員”が再び登場しますので、全シリーズを見る時間はないけど、前作だけでもみておこうかな…と思いました。

我が家にいる、5歳の恐竜好きな息子君。

男の子をお持ちのお母さん・お父さんは、一緒に見れるのかが気になりますよね。
我が家の息子君は、リアルで迫力満点な恐竜を映画館の大きなスクリーンで見て、大丈夫なのか…。ムムム…。

いきなり映画館に見に行かずに、一度、テレビで見て検討してもいいかもしれないですね。

ではでは、最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)