【おうちコープ】クリーミーで野菜もたっぷり!お手軽「長崎風ちゃんぽん」レビュー!

こんにちは。おうちコープまだまだ初心者「ぶちカボチャ」です。
ご覧いただきありがとうございます。

我が家には、2歳の娘っ子と5歳の息子君がいます。

子育て家庭の悩み…週末のお昼ごはん…
給食のありがたみが身に染みますよね。

休みの日くらいラクしたっていいじゃないかーーーーー!!

と、思いませんか?!

そんな、ぐうだら主婦「ぶちカボチャ」が見つけました。
子供がズルズル食べて、しかも簡単でおいしい!そんな素敵なものを!!

この記事では、「長崎風 ちゃんぽん」について書いていきます。
あつあつを召し上がれ~。
【今だけ】資料請求で全員にユーコープの人気商品をプレゼント!

イカ・エビが入っていますので、アレルギーにはお気を付けください。

コープ印! 「長崎風 ちゃんぽん」

ちゃんぽんって何??

「ちゃんぽん」と言えば、リンガーハットが有名ですね。
おいしいですよねー。

でも、私は恥ずかしながら、”ちゃんぽんってお野菜がいっぱいでスープが濁ってて…おいしい!”くらいにしかわかっていなくて。

長崎の方に本当に申し訳ないです…。

そこで、ちょっと「ちゃんぽん」についてまとめていきます。
これを機会に正しい「ちゃんぽん」知識を身につけましょう!!

語源は、「異なるものをまぜること」
長崎のちゃんぽんについては、他にも諸説あるようでが、はっきり「コレ!」とはわかっていないようです。

長崎県長崎市発祥のちゃんぽんは、福建省・福建料理をベースとしています。

特徴は、太い麺と具が多いところ。

一般的なラーメンとの大きな違いは、豚肉やイカ・エビ、野菜やかまぼこなどの具材を炒め、そこにスープを入れて、ちゃんぽん用の麺を入れて煮立てる所です。

麺を別に湯でて、スープを入れた器に入れて、具をのせる。のではなく、炒めた具とスープと麺を一緒に煮立てる。んですね!
スープは、豚骨と鶏ガラベースです。

そして、長崎のちゃんぽんだけでなく、和風スープのちゃんぽんなど、ご当地ちゃんぽんがあるようです。

コープのちゃんぽんは「長崎風」でした。

とにかく具材がいっぱい!!

ちゃんぽんの特徴の一つは、「具沢山」です。
10種類以上の具材が入っているそうです。

では、コープのちゃんぽんはどうでしょうか??

野菜・キャベツ たまねぎ もやし にんじん きぬさや コーン きくらげ
その他・えび いか 揚げかまぼこ(さつま揚げの薄切り) 豚肉

と、本当に具沢山!!
10種類以上入っていました!

ラーメンだけだと、子供の栄養不足が気になってしまいますよね。
でも、これだけたくさんの具が入っていると、このちゃんぽんだけで、足りない栄養も摂取できて、助けりますよね。

調理法も簡単でステキ!

具も麺もスープも、冷凍でお届けです。
具と麺がくっついていて、そこにスープが付いていました。

用意するものは、鍋とお湯だけ

作り方は、、、

・セットになっているスープを先に外してお湯につけて溶かしておきます。
・袋の後ろに水の量が書いてありますので、お好みの量の水を鍋に沸かします。
・沸騰したら、スープを入れて、具とセットになっている麺を入れます。
・溶けて、もう一度沸騰したら出来上がり!

具と麺は凍ったままで、スープ以外は解凍する必要はありません。
スープもお湯につければすぐ溶けます。

具と麺を入れてから2~3分でできてしまいました!

あとがき

クリーミーなスープにエビやイカ、そして野菜のうまみがたっぷり!最後のスープもあと一口だけっ!と思いながら止まりません(笑)

旦那曰く、、、

後半にかけてのスープのうまさが半端ない!とのこと…。

具沢山で麺が太いので、ボリュームも満点!
2歳10ヶ月の娘っ子と5歳半の息子君は、半分ずつ(息子君がやや多め)にしました。

そして、子供たちと旦那氏の分を先に作り、自分の分を次に作って席に着くと、すでに”半分以上食べ終わっているんじゃないか?!”と言うくらい、すごい勢いで食べていました。

ダラダラといつまでも食べられると、それだけで疲れてしまいますよね…。
このちゃんぽんは、そんなことなく一生懸命残さず食べてくれました。
ちょっとしたストレスフリー…このちょっとがうれしいですよね。

ちなみに、ギリギリ特価の時に購入すると4食入りで¥880(税抜き)です。しかも届けてくれるという!
具付きで1食¥220はありがたい!是非お試しあれ!【今だけ】資料請求で全員にユーコープの人気商品をプレゼント!

それでは、最後までありがとうございました。

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)