「よもぎ風呂」の簡単な作り方!洗濯ネットで楽々!

こんにちは。

我が家の庭に大量に生えている「よもぎ」。このよもぎを使って、何かと体に良さそうな「よもぎ風呂」にチャレンジしてみました。

やり方は「よもぎを摘み取って、乾燥させてお風呂に入れるだけ」なんですけどね。

しかも、洗濯ネットを使ったらとっても簡単にできたのでご紹介!ただし、このやり方が「正しいやり方」かどうかはわかりません…。かなりいいアイデアだとは思うんですけどね。

※よもぎアレルギーの方は注意して下さい!

※畑の近くに生えているよもぎなどは、場所によっては農薬が付いているかもしれないです。きれいなよもぎを使ってくださいね!

「よもぎ風呂」の作り方

摘み取ったヨモギを洗濯ネットに入れて干して乾燥したら風呂に入れるだけ!! 以上!

実際、これだけです。

いや、とりあえず「よもぎ風呂」は始めてだったので、ネットで調べると…

・葉っぱを乾燥させて、ティーバッグに入れるやり方
・乾燥させた葉を麦茶のように鍋で煮詰めて、それを入れるやり方

などが出てくるんですね。

「茶葉のようにまずは乾燥させるのか…なるほど」

で、最初は新聞紙の上とかで乾燥させていたのですが、なかなか面倒なんですよね。散らばっちゃって。

で、ふと思いついたのが「洗濯ネット」という訳です。これなら摘み取った葉っぱを入れても散らばらずに干せる。しかも、そのまま「お風呂にドボン」できるぞと。

実際やってみたのがこちら!

 葉っぱを摘み取って入れてすぐ。

干しておくと、こんな感じになります。

ただ、洗濯ネットに入れる量によっては多少乾きが悪いです。たまに「まぜまぜ」するといいかも。

よもぎ風呂の効能

肌荒れ、腰痛、痔…などなど

いや、「よもぎ」ってすごいんですよね。調べれば調べるほど「本当かよ」っていうくらい色々な効能があるんですね。

でも、「おばあちゃんの知恵袋」的に昔から伝わっているものですから、体に良いという事は間違いなさそうです。

実際、僕が入って感じたのは…「体があったまるような気がする」でした。プラシーボかもしれないので。

まだ、そんなに試してないので効果の程はこれからといった感じです。

夏は、「はっか油」を入れるとさっぱり!

最初に言っときます。入れすぎは絶対ダメ!あと、刺激が強いため、お子様にも使わないで下さい!

なので、我が家では僕が最後に入る時だけ「ハッカ油」を入れて使っています。浴槽に5滴くらい入れると、お風呂から出た後「さっぱりスースー」して気持ちいいです。

1回入れすぎて、とんでもない目にあいました。もう全身フリスク状態になります…。

あとがき

我が家の「よもぎ」ちゃん。ここの所めっちゃ成長期で1mm近くにもなっています。

「よもぎ」風呂をやってみたくて、なんとなく庭に植えてみたものなんですが、気づいたらほたらかしにもかかわらず「一代よもぎ帝国」を築きあげてました。

こんなやせ細った庭でもこの繁殖力!「よもぎ」に隠されたパワーはすごそうですね。

という事で、洗濯ネットを使った「よもぎ風呂」まさに、ズボラな人にはピッタリのやり方だと思うので是非お試しあれ!

えっ?「よもぎを摘み取るのも面倒なんですけど??」そんなあなたにはこちら!

関連コンテンツ
【関連コンテンツ】
スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)